学校案内

   ホーム  >  学校案内 [ 基本方針 ]
 基本方針

 

福岡県立小倉高等学校学校案内(基本方針)


 

 小倉高等学校は明治41年に「福岡県小倉中学校」として、小倉市(現在の北九州市小倉北区)に設立されました。1世紀にわたる歴史と伝統を誇り、幾多の有為な人材が社会の各界・各層で活躍しています。
 生徒たちは「勉学・創造・規律・勤労・敬愛」の校訓のもと、「文武両道」「質実剛健」の精神を受け継ぎ、日々、切磋琢磨しています。

                              

文武両道の実践のために

 

【65分授業から50分授業へ】

  本年度から、平成9年以来実施してきた65分授業を50分授業に切り替えました。

  新大学入試制度や新しい科目の増設に備え、1週間の授業コマ数を確保するために切り替えました。
  基本的に月・水・金曜は6時間、火・木曜は7時間授業を行います。

 



【部活動の節度ある推進】

 授業が終わり、掃除・終礼後、部活動・生徒会活動を一斉に開始します。

 また自宅での学習時間を2時間以上確保するために,部活動の実施時間は公式戦や行事前を除き,

 19時までとなっています。
 この限られた時間の中で,密度の濃い活動をし,実績を挙げています。

   

 

【生徒の主体的な学校行事の運営 】

 本校では会長以下約60名で生徒会が組織されています。この生徒会が中心となり体育大会文化祭学校開放説明会クラスマッチ(年2回)などの行事を運営して行きます。
 生徒自身がいろいろな問題・課題に直面しながらも,自力でその解決に向け懸命に取り組むとともに,仲間同士の絆を深めながら人間的に大きく成長していきます。

                

一人一人の進路実現に向けて

 本校では、平成9年度から、ホームルームの時間や夏季休業中を利用して、企業訪問、大学のオープンキャンパスへの参加、分野別の調査・発表並びに講演会、そして弁論大会などを行う進路学習「倉高ONLY ONE計画」を実施し、生徒が進路目標を早期に設定し、目的意識を持った学校生活を送ることを目指してきました。



         <SSH研究成果発表>

 そして、平成17年度に文部科学省から、SSH(スーパーサイエンスハイスクール)研究指定、平成18年度にはFSH(ふくおかスーパーハイスクール)事業の指定を受けました。
 このことを機に、これまでの取組を発展させ、将来の進路実現に向けた3年間のプログラムを作り、生徒の自己実現への情熱を喚起し、生徒が夢の実現へのステップを一歩一歩着実に登っていくような充実した高校生活を自らの手で作り上げていく「キャリア教育」を実施しています。
 その具体的方策として希望進路実現に向けた類型の設置「魅力的な体験学習の実践」に取り組んでいます。

 

 

 

 

                   

 ホーム